「心に太陽を唇にユーモアを」ブログ管理者プロフィール

プロフィール
まーやん
まーやん

初めまして。まーやんです。

若作りなアイコンですが

お許しください。

まずは、わたくしの紹介をいたします。

初めまして。心に太陽を唇にユーモアをブログ管理者 まーやんのプロフィールからご紹介します。

現在3人の男の子の母となり、子育て真っただ中。

年齢を重ねるごと、また子供を産み育てていく過程で自分がとても変化したように感じます。

特に、ここ10年では祖父母が亡くなり、父、叔父、親戚などの様々な人々もこの世からいなくなりました。

その間にも、私は子供を産み、育て また合間に誰かが亡くなり…と。

人が生まれ、死んでいくのを目の当たりにして自分の中でとても大きな変化がありました。

自分の人生についても、とても考えるようになりました。

スポンサーリンク

心に太陽を唇にユーモアを「結局、人って死んじゃうんだな」

頑張って生きてみよう

人は一人で死んでいく。

どうやって死ぬか、どんな人生を送るか

自分で決めて進む先に死がある。

全て私の生きたいように とはいかないだろうが、

後悔しない人生を送るための努力はしなければ。

では自分はどのように生きたらいいだろうか。

子供たちにはどのように生きていくよう 教えて育てていったらいいだろうか

自分の人生観を変えるような出来事が、この10年の間に詰まっています。

心に太陽を唇にユーモアを「人は忘れていく生き物」

大変だったことももすべて思い出

例えば、こんなエピソードがあります。

子供の乳歯が

まだ生え変わらないんだけど・・・

周りのお友達はみんな

もう生え変えわっているのに、

うちだけまだなの。

まーやん
まーやん

そっか。

悩んでいるんだな。

このママ 

いつも心配事が多い。

答えてあげたいけど・・・

色々調べてみたんだけど、

乳歯が生える時期が遅かったら

永久歯に

生え変わるのも遅いみたいなの。

まーやんの子供たちはどうだった?

まーやん
まーやん

いや、ほんとに覚えてない

あっ、どうだったかな???

(大量の汗)

こんなことが日常なのです。

みんな、自分の子供に対して一生懸命に悩み育てているのだけどママの価値感、性格、周りの環境によって子育ての仕方もみんな違う。

みんながみんな同じ悩みを持っているのではないし、

小さいことが気にならない。私のようなガサツ代表母がいたかと思えば、常に悩み、苦しみ、検索して、人に聞いて…を繰り返すお母さんもいる。

しかし、「忘れないとやってられないよ…。」というくらい毎日はジェットコースターのようで。

誰かの役に立つような情報を持っていたはずなのに、

あの時、あんな思いをして頑張って子育てしたのに

「このまま忘れてしまうのは本当にもったいないことかもしれない…。」

と思うようになりました。

自分が悩み、苦しんだ末に出た答えや経験が誰かのためにならないだろうか

悩んでいる誰かの解決法や、ほっとする解決の糸口になれるような発信ができないだろうか??

私も何か表現できないだろうか?と考え始めるようになっていました。

心に太陽を唇にユーモアを「考えながら子育てなんてできない」

考えながら子育てなんてできないよ

そう言う方もいるかもしれない。だけど用意がなければ、行き当たりばったりの育児しかできないかもしれない。

  • ママ友がこうしているから
  • 仲良しがやっているから。

自分の意見を持たないことで、いつまでも繰り返されるストレス。

それを抜けるために私はマイルールを作りました。

昔の自分では考えられないくらい

  • はっきりと、しっかりと自分の意見を持つ
  • 選択したことに迷わない。

それを心がけながら、悩み 進んでいます。

これは最初は意識してやったことではなかったのですが

最近になってこの方が 自分が進みやすい。

迷う時間が少なくなることで決断が早くなってきたと感じます。

心に太陽を唇にユーモアを「子育ては母のメンタル次第」

母のメンタルの状況が子育てにはとても大切

自分でも自分の変化には気が付いています。

子育ても長くなれば、自分の強み弱み、疲れているかどうか

また、子供の様子などちょっとでも何かあればなんとなく分かるようになります。

だから、極力無理をしない。

今は、核家族というのがもう常識。

どこの家もワンオペ育児、旦那さんは働き盛り。

  • ママ友とは一応話すけど、仲良くしすぎても疲れるし・・・
  • 当たり障りのない会話と意味のない立ち話。
  • 結局悩みを打ち明けられるほどの仲までは発展しない。
  • 発展したらしたで付き合いの頻度、
  • 相手の価値観に驚愕することがあったり
  • 一旦入ったママ友の仲間意識にがんじがらめになって 身動き取れなくて…と、

結局、自分で悩み考えても解決しないもやもやの中で子育ての新たな問題は次から次へと振りかかってくる。

子供は一人ひとりみんな違う。

問題が解決したか、しないかは関係なく毎日は怒涛のように過ぎていきます。子育ては、お母さんが決定事項を下す場面が多いのです。

友達との約束、予防接種、今日はどう過ごす、子供と何する、はたまたご飯のメニューまで。

その中に解決しないしこりの様に悩み事があった場合はどうでしょう。それに囚われているのに、それを解決する時間はない。時間ごとにこなさなければならない日常の生活。

毎日している事なのに、急に追われるようになる。余裕のないメンタルに気が付かず、子供はママを求める。

子供は気が付いています。ママが不安な事、いつもと違うこと。もう少し年齢が大きくなれば「そのうち解決するよ。」とばかり放っておいてくれるのかもしれません。

小さなうちはママが不安になればなるほど、子供も不安になってママの関心を引こうとあれこれ試み始めます。

それって無限の負のループの始まりです。

自分もイライラ、子供もギャーギャー、一人で悩み、苦しみ、全てがうまくいかない始まりの構図。

心に太陽を唇にユーモアを「私の子育て間違っていたら教えて」

誰かに教えてもらいたかった。私の子育て合ってる?

私はずっと、そう思っていた。人の子供や、ママを見ていると気が付くことは結構ある。

  • 「そういうところなんじゃないかな・・・。」
  • 「子供、寂しいと思っているかもしれないよ。」
  • 「ママが自分を見ていない事 分かっているみたいだよ。」

だけど、そんな事絶対言えません。それが当たっているか分からないし、正解かもわかりません。

だけど、自分のことより人の事は良く見えるのです。

自分の事は客観視できない。

だけど、「こうしてみたら?」なんて、言ってもらえる時は本当にラッキーな時。

子育ての事について、真っ向から「ここだよっ!!ここ変えたらいいかもよ」なんて教えてくれる機会はどこにもありません。

そんな状況を抜け出すには

  • 自分が変わる
  • 楽な方法を少しづつ試してみる。

私は、自分のキャパが狭い事は分かっていましたので今となっては、かなーり自分に甘いのですが

そのおかげで子供に感情的に怒ることがなくなりました。

  • そろそろゆっくりしないと、
  • 余裕がなくなってきているかも、
  • とか生理の前かも・・・とか

自分の状態をよく知ることに繋がります。

子育ては自分も成長するための本当に濃い時間なのです。

自分が育てているようで、自分が育てられていると感じています。日々毎日。

正解なんてないかもしれない。いつ、子供がどうなってしまうか分からないし。他の人の言う子育てを試しても、自分の子供に当てはまるとは限らない。

不安もあるけど、試しながら、考えながらいいと思えることは取り入れて。

違うなと思ったら別の道を探してみる。

そうやってやっていくしかないかもしれない。

心に太陽を唇にユーモアを「プロフィールまとめ」

美しく盛っています

特に、日々忙しく過ごしていく中で、

気が付いたら子供はタケノコみたいにどんどん大きくなってしまう。

子育て出来る期間は限られている

ママーと求められる期間、精一杯に一緒に悩み 育ててみよう。

そのあとには別に・・・しか言わなくなるらしいし、その次はうるせー。しか言わなくなるらしい。

私の子供たちはまだ反抗期手前の坊主たちです。

子育てというのは終わりがないとか、反抗期からが本当の子育てとも言われます。

まだ知らないことについては書けません。

これから経験していくうちにこのブログも対応できる子供の年齢が上がり、書ける内容も変わっていくと思います。

このサイトは「心に太陽を唇にユーモアを」というタイトルです。

私の子育ての心がけでしたが、今は自分の人生のモットーでもあります。

自分の年齢が上がるにつれて「ユーモアがあるということは良い事かもしれない」と思うようになりました。

若いうちは”若い””というそれだけで良かったものが、年齢が上がるにつれて

内面の魅力が外に出るような人になりたいと思うようになりました。

ただ年齢を重ねるだけでは魅力的な人柄にはなりません。

人って、何もしなくても歳だけは取っちゃうという驚愕の事実…ご存じでしたか?

私は、最近になって気が付きました。

もはや、老いが私を追い越してその先で

「あーっはっはっは、来たなおばはん!! 」と待ち構えているとさえ、思います。

まあ、そういうわけでふざけているのではないのですが、ふざけているのを禁止されたら、

どう生きていったらいいか分からなくなってしまうかもしれません。

知っていること、経験したこと、為になったこと気持ちがふわッと軽くなる話題。子育て中に買って本当に良かったものなど。これを読んでくれる方が、少しでも気持ちが軽くなるようなブログを発信したいと思っています。

私がなぜ、ブログを始めるに至ったか。また、ブログを始めることで見えてきた発見。

新しい世界が開けたこと。

自分のやりたかったことに近づけているかもしれないこと。少しづつ、言葉にして発信しようと思います。

基本的にほぼふざけています。

そちらも是非ともご承知おきください。

どうぞよろしくお願いします。

サイト管理者まーやん

コメント

タイトルとURLをコピーしました