小学校算数

RISUきっず・RISU算数

【RISU算数中学受験基礎・応用コース突入】母は見た!算数の沼

RISU算数=算数の勉強だけのタブレット一年間受講中。中学受験基礎・応用モード(アドバンスモード)に突入しました。小学生の算数が勉強の肝になる!コロナ禍の家庭学習は情報も少なく保護者は皆心配になっている事柄。子供が一年受講して算数に対する意識が変化しました。難しくなる算数の勉強を攻略した長男の記録です。
RISUきっず・RISU算数

RISUきっずから1年【体験公開】小1先取り学習・親の手助けは?

算数に特化したタブレット幼児教材RISUきっずから始めて1年。RISUキッズからスタートし、小学校の算数の勉強「リス算数」へ移行。1年継続して先取り学習はどこまで進む?公開「先取り学習の実態」「子供がどのようにリス算数に取り組んでいるか?小1の夏編」をタイムスケジュールで公開。「体験ブログ」小1にして身に付いた大切なものは?
子供の家庭学習・通信教育

【小学生勉強方法 高学年】小6男子が見つけた!自信のつく勉強法

小学校6年生の長男の体験談。塾は行ってません。「自分で自分を高める」勉強方法が自分を作り強くしました。大丈夫かな?と心配した弱気な長男。本を読みYou Tubeで検索。自分で新しい学習方法を探し実践するごとに自信をつけて行きました。まだまだかもしれない。だけど頑張っている。自分の編み出した方法で考えながら勉強する方法を紹介。
RISUきっず・RISU算数

RISU算数小6 受講11か月進まない先取り学習 だけどいいこと

RISU算数小6の体験記。受講11か月目に突入しました。先取り学習だからもうそろそろ終了するかなと思いきや終わらない。どうして先取り学習が進まないのか?小学校6年生は忙しい。だけどいいんじゃないか?と母は思っています。それよりもこの11か月で変化したことの方が大きかった。小学校6年生の勉強方法はこんな感じです。
RISUきっず・RISU算数

RISU算数小学校低学年”算数の大切さ”をドラゴン桜2から学ぶ

算数に特化したタブレット学習を兄弟3人に受講中。話題のドラマドラゴン桜2からも小学校低学年の算数の大切さを知りました。同じタブレット教材でも先取り学習が可能なRISU算数。低学年と高学年の勉強の進め方には違いがあります。3兄弟10か月の経験からおすすめする低学年の算数への取り組み方を解説します。
子供の家庭学習・通信教育

【算数検定小1・年長ブログ】目指せ兄弟合格!当日付き添い~合格証

【先取り学習で算数検定合格】年長・1年生が兄弟で初めての受験。算数検定の申し込み~当日の流れ。合格証が届くまでを詳しく解説。先取り学習で身に付いた算数の知識を算数検定で試しました。”初めての検定の方は必読”注意事項などもしっかりと。小学校低学年でも受けられる検定試験=算数検定は子供に達成感や喜びがありました。
子供の家庭学習・通信教育

小学校低学年 算数が苦手な原因は?克服する家庭での勉強方法

小学校低学年から芽生える算数嫌い・苦手意識。算数嫌いあるあるから見つけた嫌いになって行く理由。勉強方法から見直して、嫌いな算数に自信を取り戻させてあげませんか?高学年からの方向転換はとても難しいです。3人の男の子の子育て中に子供に実践してみた勉強方法を紹介します。子供が前向きに勉強に取り組める習慣作りのヒントです。
RISUきっず・RISU算数

【RISU算数は高い?】料金を正しく詳しく裏技も!受講者母が徹底解説

【必読!受講前に読んで下さい】タブレット学習リス算数は高い・複雑と噂。月額の基本料金と・利用料金に分かれるリス算数は仕組みを理解するのが難しい!受講最初の裏技も伝授。支払い料金に差が出ます!リス算数の料金を受講者母がどこよりも詳しく説明。料金スタイルをしっかりと理解し安心して算数好きな子供にタブレット学習を。
RISUきっず・RISU算数

RISU算数 兄弟受講と無学年制で全集中!驚きのメリット3児母が解説

算数特化型タブレット学習RISU算数兄弟で受講7カ月目3兄弟のブログ。兄弟割引のあるタブレット学習は珍しい。嬉しい割引と兄弟で受講させるメリットが他にもたくさんありました。無学年制なので、兄弟で切磋琢磨してどんどん家庭学習の基礎が付いていきます。算数は大切な教科。勉強に対する姿勢がとても変わりました。
子供の家庭学習・通信教育

「10歳の壁」「9歳の壁」小4算数がカギ!我が子に出来る対応と家庭学習方法

小学校4年生で起こる勉強の躓きを10歳の壁と言います。複雑化する算数について行けなくなることを指した言葉が今は、中学年で起こる心の成長、勉強、環境の変化なども意味する。我が家の10歳の壁体験談、親の対応、子供の様子、私自身の10歳の壁など思い出し、その時の子供に必要な支えは何かを考えました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました