【RISU算数】先取り学習ってどうやるの?驚きの結果小5体験談

リス算数RISUきっず・RISU算数
リス算数 先取り学習

RISU算数高学年(小5)RISU算数受講2か月目体験記

リス算数を兄弟受講しています。小5の体験・先取り学習の様子を口コミします。

まーやん
まーやん

男の子3人の子育て中

それぞれの子供にぴったりな勉強方法を見つけたい

様々な家庭学習方法を試して口コミレビュー分析しています

算数に特化したタブレット学習RISU算数

家庭学習に詳しい保護者の間で口コミで広がっています。

RISU算数のタブレット学習の特徴で覚えておきたいもの

  • 算数に特化したタブレット教材
  • 無学年制を取り入れたカリキュラム

特徴は算数に特化し、半数以上の受講者が先取り学習をしているという点

先取り学習ってどうやって進めるのでしょう?

これを紹介します。

スポンサーリンク

RISU算数 先取り学習のやり方 小5が体験

RISU算数タブレット いつでも使える場所に

最初はRISU算数のどんどん出てくる新しい単元に「これ習ってない。」

と、不満げに言う長男でした。

リス算数 先取り学習=一番速いペースで進むと2年8か月で

小学校算数6年分の勉強が終わる計算

子供はステージクリアしたいので問題をこなしていきます。

単元ごとのステージをクリアしていくと自動的に習っていない箇所に入ります。

まーやん
まーやん

学校で習っていない事を

タブレット学習だけで

どうやって進めるのだろう?

先に小学校の様に授業があるわけではありません。

問題を解きながら少しずつ応用が加わり

問題を解きながら新しい事を覚えていきます

先取り学習のやり方

  1. 細かいスモールステップ
  2. 習得した知識に少しずつ足していく= 応用を重ねる
  3. 反復練習と動画のサポート

習う=問題を解き始める が同じスピードで出来る

どうしても理解が追い付かないところはどうする?

まちがいが多いところを自動的に感知し細かい反復練習で苦手を克服する

サポート動画は主にここで入ります

子供に合わせて同じ単元でも問題が変わる

  • 理解が進んでいるところ
  • 間違いが多いところ
  • 一人ずつの学習データーを分析する
  • 苦手を重点的に繰り返しサポート動画が入る
  • 苦手は克服へ
  • 得意はさらに上のレベルへと問題が変わる

これを繰り返して行くと、学校よりもかなりのスピードで勉強が進むことになります

気が付かないうちにレベルが上がる=RISU算数

親の手はかかりません

先取り学習スピードは自分で選べる

ステージの詳しい説明はこちら

先取り学習でついた算数への自信

算数に対しての自信が付いた

先取り学習についての私のイメージ

  • 教育熱心な家庭がやる教材
  • 高学歴を目指す一部のトップクラスがやるもの

先取り学習教材=「そこまで教育熱心じゃない」などと勝手に決めつけ

きっと試していませんでした。

先取り学習について親が何かを教えるという事はほとんどありませんでした。

この教材を試したことで小5の長男は算数が少し好きになり自信が付きました

RISU算数 問題の難易度は?中学受験にも対応したコースも

真面目な画面。派手な演出はなし。

算数に特化したタブレット学習リス算数は過度な演出はありません。

色も高学年に行くに従い、いたってシンプル

長男はRISU算数と進研ゼミ小学講座のタブレットを併用しています。

長男から出た感想は

長男
長男

「リス算数の問題って、難しい」

ただの計算問題を何度となくさせるようなものでなく、

頭を使い、ひねって考えて、という

想像力・思考力・表現力などを問われる問題が数多く出てきます。

問題の難易度・質は定評がある

  • 問題の質バリエーションの多さ
  • 難易度
  • 反復の問題量の多さ

中学受験にトップ校を目指す子供にもRISU算数は人気

RISU算数の受講者の輝かしい成績

四谷大塚統一模試 2年連続全国1位

SAPIX選考テスト 最難関クラス96点

中学受験トップ校合格 早稲田・筑波大付属・市川

RISU算数HPより

6年生までの単元を全て終了=アドバンスコース(中学受験対策ステージ)に移行する

より高いレベルの思考力をという会員の要望で出来たステージ

中学受験対策にも=教育熱心な親の要望で出来たアドバンスコース

小学校4年生の冬から本格的に始まる受験対策塾に行くのに備え6年生までの予習を終わらせる

先取り学習を進めて、受験対策が始まる4年生後半からは受験対策算数へという

進め方をするトップクラスの使い方もあります。

リス算数を受講する目的=先取り学習?苦手克服?

算数の勉強=復習か・苦手の克服か・先取り学習か?

小学生 算数に対する子供の反応

  • 苦手な単元が出てくる
  • ケアレスミスが目立ち始める
  • 単元が過ぎると苦手をそのまま残す
  • 学期末テストやまとめてストでやはり同じところを間違える
  • 算数自体に苦手意識が出てくる

リス算数はその子供の進み具合・理解度・躓きポイントによって問題が変わる

どう勉強するかを自分で決められるのが無学年制の特徴

高学年=教材選びのポイント=勉強させる目的と内容重視

  • 受験対策か?
  • 苦手を克服か?
  • 先取り学習か?
  • 算数を好きになるか?

勉強の進め方を自分で選べる

小学校の算数の現状 

現在の小学校の算数は?

小学校算数の現状

現在、子供の学習方法も

自分が小学校の時の様に杓子定規的な計算問題のみというよりは、

応用、発展、挑戦、など幅広く問題があります。

新しい時代に必要な資質となる能力の育成と、学習評価の充実

学びに向かう力・人間性

生きて働く知識・技能の習得

思考力・判断力・表現力

対話的・主体的に深い学び・未知の状況にも対応できる人間の育成へと

授業・学習を変化させている。

文部科学省学習指導要領解説平成30年改訂

このように文部科学省が学習指導要領の改訂をしたことで、

学校の学習も問題の答えを導き出すまでの過程を説明させたり、

議論して主張をさせるなどのアクティブラーニングを取り入れています。

詰込み型の知識でなく知識を必要な時に必要な形で活用できるかなどを問われる

頭の体操のような問題も数多く取り入れられている

小学4年生あたりから明らかに算数は難しくなっています。

気が付いたら上の学年を先取り学習している状態を、

さらにモチベーションアップに利用するのには

実際の学年より上の勉強が出来ているんだよ、と子供に認識させる事

楽しみながらできている勉強が自分のためになっていると再認識できます。

理解の定着を保護者が見て

先取り学習まで出来るという事に驚きでした。

リスきっずまとめ・口コミはこちら↓

参考になると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました