RISUきっずいつから始める?体験談から学ぶベストタイミングは?

りすキッズタブレット画面RISUきっず・RISU算数
RISUきっずいつからはじめる? 体験から学ぶベストタイミングとは?

算数に特化したタブレット学習リスきっずを受講している6歳年長。

体験談から学び、始めるベストタイミングを解説

体験によって変化したことを時系列でまとめます

幼児教育?入学準備?いつから始める?って悩みますよね

まーやん
まーやん

夏休みから始めたリスきっず

3兄弟が皆で競うように始めて

私も子供にもとても変化がありました。

家庭学習教材の中で話題の RISUきっず・RISU算数

算数に特化したタブレット学習教材 =日本一と話題なのはこの3点

  • 問題の質・内容
  • 学習方法
  • レベル

りすきっずが生活の中に入りまもなく9か月。子供の効果、変化を記録。

親の感想もウソ無く、しっかりとお伝えします。

我が家は3兄弟 RISU算数・リスきっずを兄弟受講しています。

スポンサーリンク

RISUきっず いつから始めるべき?

始めは文字・絵・数が分かるようになるための問題

りすきっず=幼児教育を始めるベストタイミングはズバリ

子供が字を読めるようになったとき

こんなサインで始めると効果的

幼児教育の始めるタイミング=子供の様子

新しい事を知る=嬉しい

分かること=楽しいと思うようになってくる

  • 文字がやっと読めるようになってきた
  • 数字が20くらいまでは言える
  • 時計=時間に興味が出てきた

たどたどしく字を読むことが出来るようになった時がベストタイミング

どうして?

勉強の本来の目的=新しい事を知るができるようになる

自分の事がやっと出来るようになったかならないかの未就学児

未就学児への幼児教育=楽しいことじゃないと続かない

また、勉強=新しい事を学ぶ=楽しい

小学校への入学を楽しみだと思わせる準備が必要

「字を読み始めない・興味を持たない」子供には絵で引き寄せる

りすきっずには読み上げ機能もあります。

文字を教えるということも一緒に始めてしまうこともできます。

りすきっずの体験談と変化

自然と兄が宿題をやる横で 始めるように

これは間違いなく、ウソ無く申します。

まーやん
まーやん

RISUきっずの経験は親子に

驚きの変化・効果がありました。

我が家のRISUきっず 年長体験談を時系列でまとめます。

受講期間が長くなるにつれて、変化や効果がありました。

お試しキャンペーンから始めたタイミング= 幼稚園年長 夏休み 8月

我が家の三男(年長 早生まれ)

やっと夏ごろから字を読むことが出来るように

年長夏休み 8月 RISUきっずスタート

りすきっず受講1か月の変化 (年長夏休み 年齢 5歳8か月)

  • 自分で取り組んで新しい事を覚えるのが楽しい
  • ポイントや、問題の正解が嬉しい

りすきっず体験初日・子供の1か月目の様子はこちら

りすきっず受講 4か月の変化(年長 秋 年齢 5歳10か月)

机で一人集中することが出来るようになった

  • りすきっずステージをクリア
  • リス算数(小学生先取り学習スタート)へ自動移行
  • 自分で時間割でもあるかのように読書・絵を描く・勉強をする

我が家はリスきっずを4か月で終了し、RISU算数へ自動移行しました

(りすきっずカリキュラムが終了すると自動的にRISU算数へと移行します)

  • リスきっず受講 4か月
  • RISU算数受講 2か月の変化 (年長 冬 年齢 6歳1か月)
  • 算数をすることが習慣になってきた
  • 算数=勉強を楽しいと思える
  • 1年生の勉強を先取り学習継続できている

RISU算数へ自動移行して3か月目 

小学校1年生を先取り学習できていることから一つ上の兄と一緒に

先取り学習の算数検定を受けてみようという事に

  • リスきっず 受講4か月
  • RISU算数 受講3か月の変化 (年長 冬 6歳2か月)
  • 1年生 算数検定 合格
  • 春にいよいよ小学生になることに楽しみ
  • 本を読む・絵を描くことが多くなる

RISUきっずを始めた三男には

「机に向かって何かに集中する習慣」が付きました。

タブレット学習 リスきっず 我が家の三男の効果

小学校に入る時に「算数が得意」と言って入学できる

受講7カ月目に算数検定 小学校1年生レベルを受けるまでに!!

りすきっずを体験した親の変化

RISUきっずを知らなかったら

  • 長男の小学校での算数の必要性を感じなかったら
  • 幼稚園の年長から算数をやらせる選択肢はなかった

幼稚園から算数の勉強をタブレットで学習するなんて思いつかなかった

まーやん
まーやん

はっきり言って親次第かもしれない・・・と

親の変化

  • 子供の家庭学習の必要性についてさらに考えるようになった
  • 子供が家庭学習をするのに最適な方法を考えるようになった

子供はどんな環境で、どんなものを与えるかによって瞬時に影響を受ける

その辺に居る普通の 

子だくさんの子供(我が家の3男)がここまでになりました。

まーびっくり。

知るのと知らないのでは大きな差が出ます。

「何回言うんですか? これ ↑」

と声が聞こえてきそうです。

私は3人目の子供が年長ということもあり 

皆に子育て自体の手がかからなくなったので、

新しく子供に挑戦させてみよう

という考えに至ったこともあります。

また、このリスきっずを始めて良かったと思うのは、

次男の小学校1年生のリアルな小学校の様子が伝わってくる

ことも理由にあります。

現在の小学校の様子 少しづつですが紹介します。

算数はあらゆる勉強意欲のカギになる教科だと

小学校高学年の母としては身に染みて分かります

長男の「10歳の壁」を越えた体験記

私の記事の中で最も読まれている記事です

この時に本当に悩みます

まだ早いかもしれませんが、参考に

小学校低学年の準備はこちら

RISUきっず どうして始める?

シンプルな画面 りすきっず

子供の幼児教育を始めるきっかけは?

  • 小学校入学準備に役立てる
  • 子供の可能性を見たい
  • 早期教育が良いと思う
  • 小学校受験・中学受験・高校受験 の準備として

このようにきっかけを上げてみると少し堅苦しい気もします

小学校入学前 子供が毎日自分の目で見える範囲に居る今 

小学校に行く基礎を作ってあげることはとても大切。

まーやん
まーやん

幼稚園や保育園の様に

子供の顔色・様子まで

小学校では見てくれません

小学校は今、昔より子供が少なくなっているのに

先生の負担・現場の混乱は

ものすごくある気がします。

はっきり言って、

幼稚園や保育園ほど子供を一人一人見てはくれません。

  • 小学校は勉強するところ
  • 集団行動が出来るようになるところ

子供の個性に

親の育て方がはっきり表れてきます。(完全に体験談)

自分の子供が小学校に入って

  • 急には座れない
  • 勉強をしない
  • 新しい事を学ぼうとしない

となる前に、小さなうちから

新しい事を知る=楽しい事ということ

を教えてあげることがとても重要

risuきっず お試し体験をおすすめする理由

子供はどんなものに夢中になるか、本当に分かりません。

今年は2020年、緊急事態宣言があり突然の休校

子供も親も他者との情報交換や、

触れ合いが明らかに減りました。

コロナ前なら お母さん達の立ち話の中で

「入学準備どうしてる?」とか

「勉強させてる?」と

情報交換がありました。

無駄に話をすることも少ない 今

”子供をどうやって育てるか?” 

”どうやって育てているか” は

この後何年かしたら

必ず結果として表れてくるのではないでしょうか?

今回のこのリスきっずを試しての変化は

我が子と母である私の変化を綴ったものです。

子供によって合う、合わないが違います。

選択肢の一つとして

実際にやらせてみる

これが一番早く分かる方法です。

お試し体験キャンペーンは限定紹介制

risuきっず お試し体験キャンペーンを見てみるはこちら

お申し込みクーポンコード「yan07a」をご記入ください。

RISU JAPAN公式からは年間契約しかできません

まるまる 1週間 お試し体験キャンペーンをしてみてください

(返品の場合は次の1週間で返せばOK)

その場合だけ¥1980(税込)がかかります

本契約になった場合はお試し代金もかかりません。

我が家は小学校高学年の兄もリス算数をしています。

りすきっず体験記 読んでもらいたいのは?

子供の得意な事って何だろう??

得意な事を伸ばしてあげたい=親の願い

我が家の3人男子はいたって普通の子供達。

私も子供に何が向いているのか?

色々試したい気持ちはありますが、

小さなうちから幼児教育を様々体験させたわけでも

がりがりの教育ママでもありません。

だからこそ!!

リスきっず・リス算数を経験した

子供の変化と自分自身の変化にとても驚いています。

こんなパパ・ママに読んでもらいたい!!

  • 子供の家庭学習に何か探している
  • 子供の幼児教育・入学準備に何かできないか探している
  • 勉強をやりそうにない子供が居て困っている

読んで下さり、参考になさって下さると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました